top of page
  • 執筆者の写真Nobuhiro Kawai

ライブ感


3z4a4520

イタリアの旅は天気に恵まれていた。

朝焼けも夕日も美しく心を穏やかな気持ちにさせてくれる。

イタリアに来て思ったことは食べることに関してどこに行ってもライブ感があるということ。


3z4a4459
3z4a4458

3z4a4455

小道に入ればそこら中で食品が売られその脇で食事とお酒を楽しんでいる。

食べ物はおそらく地元の物が多く使われているだろう。


3z4a4712

本を読むことと食事することがこんなにも近くで行われている。

東京代官山にも同じような感じの所があるが、本を読むことが主としてあるので皆が静かにしているし、話し声もひそひそ声で話すことがマナーとしてある。

こちらはそんなことお構い無しで、食べることを主としてあるようで皆が笑い楽しそうに食事している。

コンセプトの違いはあれど食べることと生きることが同じ位置に存在しているかのように感じる。


3z4a4464

夜が更けたって人が人が静まることはない。

平日とか休みの日だとか考えないのかな。


3z4a4499

広場では歌を聞かせる人や芸をする人が多くの人を引き寄せ楽しませている。


3z4a4487

3z4a4490

イタリア人は国にはあきらめを持っているらしいが、自分の住んでいる場所には誇りを持って生きているという。

その地域ごとに活気があるし、楽しんで生きているということがひしひしと伝わってくる。

それとイタリア人の人生の満足度が非常に高いこともこちらで聞いたこと。

国に頼って生きるよりも自分たちで何かを生み出し楽しみ生きる。

全てが完璧な場所などないわけだから、どういう選択肢を持って生きていくかが大事なのだろう。

ここボローニャでそう感じる。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Week

Comments


bottom of page