top of page
  • 執筆者の写真Nobuhiro Kawai

すきなこと

今日も朝から牧場を巡った。

午前一軒と午後一軒。

その間には、ニュージーランドでよく食べられているチーズ工房も見学した。

午後から見た牧場がかなり面白かった。


IMG_6464

ロータリー式のミルクパーラー。

乳房に器具を取り付けるのは人がするが、外すのは機械が自動で外してくれる。

おもしろかったのは、新築して建てたもう一軒のミルクパーラー。


IMG_6463

モニターで牛の動きを管理して、時間になると牛は自分でミルクパーラーに入ってくる。

そして、機械が牛の乳房をセンサーで見つけて、自動で取り付けから取外しまでをしてしまう。

人は乳搾りの間はここにいなくても良いという事。

放牧飼いでここまでする人が出てきているニュージーランド。

オーナーは、将来を見据えた投資だと言っていた。

将来的に、ニュージーランドではこのようなシステムが牧場全体に広がるのか。

ちょっと気になるところではある。


IMG_6460

視察を終えた夕飯は、隣町のレストラン。

そこで、こちらでコーディネートしてくれている和田さんと食事をしながら、皆で会談。

ある人がした質問に和田さんがした答えに気付きをいただいた。

それは、どうしてニュージーランドで酪農の仕事を選んだのか?というものだった。

和田さんが答えた言葉はこうだった。

「牛が好きだったからです。」

う〜ん、短くシンプルな言葉の中にかなり深い意味を感じた。

深いな〜。

好きな事をしながら生きていける。

ひとつの理想だと思うが、そこに進む意味は深いと思う。

はたと、気付かされた瞬間、和田さんから目が離せなかった。

こんな事を何のためらいもなく言えちゃう人っているんだな。

かっこいいよな〜。

さあ、俺はどこへ行こうか。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

確認

Activity

Comments


bottom of page